SSブログ

房州寿司(房総寿司) スルメイカ編 サイズは江戸時代仕様(´∀`) < 実は残ったご飯の有効活用w [野郎飯(男の手料理・ウチごはん)]

あー、帰り道、ホッピーを買いにふとスーパーに寄ったら、
スルメイカが半額で安かったので買いこみ、捌いて夕飯のタシにしました(∩´∀`)∩

で、せっかくなんで冷ご飯もあるから、酢を切って、毎度の房州寿司(房総寿司)に!
残りのご飯は、寿司8貫分はあるので、、
4貫分=1貫の、江戸前寿司発祥当時の巨大サイズで2貫にとw
まーなにより、デカく作る方が簡単なんですよねww
握り飯作る要領で握れます(^ω^)

surumeika.jpg
スーパーで買い込んできた「スルメイカ」
紋甲イカなどと違って、旨みが強いんですよね、大好きです(^ω^)
しっかし安いわー

surumeika2.jpg
まな板の鯉ならぬ、まな板の「するめいか」
鮮度はいいですねー、臭みもなく、目もキラキラウルウル・・
自分はこれでもそれなりに魚介類を色々捌けるのですが、
いくら「死体」とはいえ、バラす時はちょっと心が痛みますわ、でもまー「食」とは、命の連鎖、、
ごめんねイカたん、
おいしく食べてあげるから許して(´・ω・`)

surumeika-barabara.jpg
解体(?)作業が終わった後、
江戸時代サイズの寿司用には、2切れしかネタが取れませんw

そして、房州寿司版の寿司酢を作り、
レンジでガンガンに温めて強制的に「炊きあがり風」にした冷や飯に寿司酢をぶっかけ、
ウチワで仰いで冷やしながら混ぜて酢飯を作ります
今回のご飯は、寿司モードで炊いたものではないため、幾分か、寿司酢を多目にしてます

surumeika-sushi1.jpg
ホイ、出来上がり!

surumeika-sushi2.jpg
surumeika-sushi3.jpg
surumeika-sushi4.jpg
大きさ比較のため、500円玉を配置しときますw

こんなにデカい寿司、口に入らない!と思われるかもですけど、
その通りw
その当時の江戸前寿司のように真ん中に包丁を入れ、2つに切って食べましたw


ika-bata-syouyu.jpg
そして、オマケの一品
寿司ネタにした以外の部位は、バター醤油で焼いていただきましたw


あー、するめいかさんありがとう
ごちそうさまでした!(-人-)

【関連日記】

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました