So-net無料ブログ作成

伊豆小笠原諸島沖地震の大津波について 房総の郷土史を参考に考える [地震 雷 火事 親父(大山嵐/大風/おおやじ)]

あー、琉球大学名誉教授 木村政昭氏の地震予測によると、
この先に大きな被害を出しそうな大地震は、やはり伊豆小笠原諸島沖のものらしく・・
そしてその考えは、彼の書籍やblogなどを数年に渡り拝見させていただいているのですが、
どうやら揺るぎないようでして・・
我が故郷、房総半島南部太平洋沿いが色々と心配になります(´・ω・`)

-------------------木村政昭ホームページより引用
今後の予測
300年ほど前の、1700年代に、宝永地震(M8,6)を代表とした超巨大地震が次々と発生し、東海沖から琉球列島南部までの、フィリピン海プレート西縁でストレスをとりました。世界最大と言われる”琉球列島南端の明和の大津波(1771年)”を発生させた地震は、その一つです。
そのため、”九州〜台湾(フィリピン海プレートの西縁)”までの地域では、超巨大地震は起こりにくいと推定できます。その後は、300年前とは違って、太平洋プレートの西縁にあたる東日本沖で超巨大地震が”2011”年に発生しました。したがって、今後その南方延長にあたる、伊豆小笠原諸島沖の大地震の発生が気になります。

160519.jpg

-------------------木村政昭ホームページより引用ここまで


房総半島南部は太平洋に面している分、
郷土史などにも過去の大津波による被害が伝承として残っておりまして、、
こういうのは間違いなく繰り返されます、そして近いうち
いよいよ「来る」のかな?と・・ :(;゙゚'ω゚'):
その予兆のように、東日本大震災以降、伊豆小笠原諸島周辺にて、
まるで堰を切ったように何度かマグニチュードの大きな地震が起きています
特に去年2015年5月30日、20時23分のものはM8.1、
震源が682kmとかなり深かったので、幸いなことに津波被害には至りませんでしたが、
仮に震源が浅かったら、大津波が房総半島の海沿いに押し寄せてきていたと思われます(゚A゚;)ゴクリ

そんな折、参考になればと、下記に郷土史に出ていた津波や地震の伝承をリンクしました
実は自分は夷隅郡市(大多喜町、御宿町、いすみ市、勝浦市)の、
地域の伝承をまとめたWEBサイトを趣味で運営しておりまして、、
このサイト「房総レジェンド」内の、津波や地震などの伝承をピックアップしてます(主に元禄地震関連)
もちろん津波被害は下記のリンク先に書かれている夷隅郡市だけではなく、
安房郡市(鴨川市、南房総市、館山市、鋸南町)や九十九里沿岸にも多大な被害を出したことでしょう
何にせよ、これらが少しでも誰かの役に立てれば幸いです

御宿町の昔ばなし 千人塚
http://www.boso-legend.com/story/0090/
御宿町の昔ばなし 元禄津波と御宿町
http://www.boso-legend.com/story/0091/
勝浦市の昔ばなし 元禄地震(一七〇三年)と勝浦
http://www.boso-legend.com/story/0092/
勝浦市の昔ばなし 関東大震災(一九二三年)と勝浦
http://www.boso-legend.com/story/0094/
いすみ市の昔ばなし 元禄津波と岬町和泉地区
http://www.boso-legend.com/story/0161/


木村政昭ホームページ
http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/
房総レジェンド
http://www.boso-legend.com/


【このblog内の関連日記】
2012年1月1日の鳥島界隈を震源にした地震について メモ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2012-01-02-4
2012年1月1日 鳥島近海地震 『寒い噂』 今日の地震はやばいぞ、マントルのなかで沈んでいく太平洋プレートが折れた地震だよ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2012-01-04
これはトリガー?今朝の鳥島近海の地震 (; ・`д・´)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2013-09-04
房総半島南部「外房」に7mの津波の被害予想 伊豆諸島沖地震 / 小笠原諸島沖地震(鳥島)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2015-02-25-1

緊急警告 次に来る噴火・大地震 (青春新書プレイブックス)

緊急警告 次に来る噴火・大地震 (青春新書プレイブックス)

  • 作者: 木村政昭
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 新書

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 11

コメント 0

コメントの受付は締め切りました