SSブログ

またまたRIDERS HOUSE製のマフラーカッター付けてみた 今度は「耐熱黒」 [WK2 Jeep グランドチェロキー]

あー、自分ちの車、グランドチェロキーですが、相変わらずド・ノーマルでして・・
唯一いじったといえるのが、マフラーカッターの装着ですなぁー
この車、他は気になるところが何もない誠にありがたいファミリーカーなのですが、
ケツのマフラーエンドだけが寂しいんですよ、でもマフラー交換までは今いちやりたくなく、、
であればマフラーカッターでいいじゃん!というわけですね
最初はモパー製の、いわゆる純正品をつけようとも思ったんですけど、どうも値段に見合っていないような、、
単なるステンレスの筒に20,000円超えとかちょっとね ァ '`,、'`,、('∀`;) '`,、'`,、

そんな訳で、今まで神戸のRIDERS HOUSEで作られていたものを取り付けてたのですが、
どうも最近、そのライダースハウスのマフラーカッターが、ちょっとだけマイナーチェンジしたようでして
ようは外側の面(内蓋?)部分が黒い耐熱塗料で塗装されたようなのです
早速取り寄せて付けてみました

購入したのは、神戸のRIDERS HOUSE製、4,000円ちょいで買えるものです、送料込みでも5,000円ぐらい
商品名は「ジープ グランドチェロキー WK ラレード マフラーカッター 90mm シルバー 耐熱黒 1本 大口径」
お店のWEBサイトから注文して、2日もかからずブツが届きました、
いやー、真面目な話、前より早くて驚きましたわw
DSC_2451.JPG

付け替えたとこ、作業時間は精々10分程度、マイナスドライバー1本あればすぐ出来ます
脱落防止ワイヤーをフレームの隙間に通して完成
DSC_2457.JPG
DSC_2453.JPG
DSC_2454.JPG
DSC_2456.JPG
DSC_2455.JPG

うん、いい感じ!(^ω^)
この車、2014年モデルは、今までのグラチェロと違って、デザインにフィアット傘下のエッセンスを強く受けており、
その結果、アメリカ車なのに、まるでヨーロッパの大型SUVのような雰囲気に仕上がっておりまして、
ノーマル状態が一番まとまってていいような気がしているのです(あくまで個人的に)
そんな中、このマフラーカッターも、非常にノーマル感漂うものでNICE!と思ってます
まぁノーマルがいい!とかこんだけいいながら、
自分のことだからお小遣いに余裕ができたらマフラー取替とかしてそうだけどw
でもまーコイツにそんな余計な金かけるぐらいなら、
モデルチェンジ後の新しいラングラーかワゴニアに買い替えてるかなー
あぁーでも実は自分は、日本の山野を、まさに獣のようにガツガツ走れそうな、
レネゲード・トレイルホークがJeepの中では一番大好きなのですw
レネは小さいと家族会議で過去に却下されましたが、、こっそり買い替えちゃおうかな(´・ω・`)


【関連日記】

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました