SSブログ

【立ち食いそば】今井橋そば店 路面電車が去りトローリーバスが消え、そして立喰蕎麦は残った( ゚д゚ )クワッ!! [麺類 そば うどん ラーメン 立ち食い]

東京の東の端っこ江戸川区の、その千葉県との境界になる江戸川に架かる今井橋の根元に、ひっそりとある立ち食いそば屋『今井橋そば』に行ってきました
KIMG9864s.jpg
立ち食いそばというと、大体が駅の周辺か駅構内にあるものですが、このお店は最寄り駅となる一之江駅からは徒歩で大体10分ちょい、川を越えた千葉県側の最寄り駅となる南行徳駅からは歩いて20分ちょいのところにあります、なんでこんな場所にあるのかというと、その昔ここには路面電車の停車駅『今井駅(終点)』があり、その後はトローリーバスのバス停があったようです 21世紀の現在は路面電車も去り、トローリーバスも消えましたが、立ち食いそば屋さんだけは残ったんですね(というか昭和54年の開店当時はすでにトローリーバスも走っていなかった筈ですが 汗)お店自体も正にそんな感じ、昭和中期~後期にかけての面影(というかそのまんま!)が2019年の今に残っています( ´ー`)...路面電車やトローリーバスの詳しいことは次のURL参照→※昭和のはじめまで江戸川区内を走っていた城東電車(マッチ箱都電)
このお店の特徴は、その外観や歴史だけではありません、何よりメニューが安い!かけそばは一杯240円、天ぷらそばは310円です、この値段は消費税10%になった今の都内では、いや東京近郊で比べても早々ないんじゃないでしょうかね(店前の看板は消費税10%前の記載のままですが) そんな310円の天ぷらそばを注文!
KIMG9865s.jpg
汁は見事な醤油色ですが全く辛くはなく、どちらかというと薄口です 同じ江戸川区の西葛西にあるお気に入りのお店『やしま(本店?)』よりもずっと薄いです 天ぷらは揚げたてでうまかったw
KIMG9867s.jpg
『蕎麦は山芋をふんだんに入れたもので、あとは小麦粉と…と、蕎麦(少しだけかい!)だから白くておいしいんだ!もーこれ食べたらまた来たくなっちゃうよ!』ということです(ご主人談)
まーお蕎麦ははっきり言ってワタシの好みじゃないですが、ご主人が個性的な人なんで、こっそりまた伺いたくなりましたw それにしても勝手によく話しかけてくれるので今井橋そばの蕎麦の秘密を知れましたw
しかしホントによく一方的に語りかけてくるご主人だなぁー楽しい人だ、きっとさみしがり屋さんなんだろうなw
昭和レトロ感満載で面白いシチュエーションですしお蕎麦も安いんで、お近くに行く際はぜひ!おしゃべり好きなご主人が色々話してくれると思います
あー、今井橋そばさん、ごちそーさまでした
またご主人の顔を伺いに参ります!(-人-) <怖いものみたさか!

今井橋そば店
東京都江戸川区江戸川3-55-4

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。