SSブログ

私が学生の頃、ありがちな貧乏旅行を北アメリカでやった時の話です。【転載】 [時事ネタ 面白いモノなど]

私が学生の頃、ありがちな貧乏旅行を北アメリカでやった時の話です。
半ば暇つぶしに近い旅行で、帰国したときに話の種になればいい位の気持ちで西海岸からカナダに入ったときに、金が尽きた。
仕方が無いので、日本料理屋を見つけて働かせてくれないか?と言っては見た物の人手がいるはずも無く、断られた。これまた仕方が無い。近くの公園で野宿をしようと決め込んだときに、件の日本料理屋のオーナーが、声をかけて来た。
「仕事は無いが、家に空き部屋があるから泊まりなさい」という。
有り難く受けた。次の日、出入り業者の配達の助手の仕事を見つけてくれた。一ヶ月ほどで去ろうと思っていたのだが、オーナーの子供(8歳)と仲良くなり、去りがたく半年近くも世話になった。
家族の様に接してくれて、半端な若造の私を街に溶け込む様にと、ボランティアにも連れて行ってくれた。(これが本当によかった)
明日は、いよいよ別れると言う最後の晩に、知り合った人たちを招いてささやかなパーティーまで開いてくれた。そのパーティーが終わった後に、オーナー夫婦と話をした。自分がこの旅行を軽い気持ちでしていた事、オーナーや街の人たちに甘えて来た事を恥ずかしいと思っている事など。裕福でもない自分が、またこの街に訪れる事もないであろうこと。そして一番気になっている事は、この受けた恩をどう返したらよいのだろうかという事でした。そうするとオーナーは言いました。「私も若い頃にドイツでとても世話になったことがあるんだ。君と同じ様にお礼がしたいと思った。その事を相手に伝えた時に、言われた言葉がある。私はそれに従っているだけだ。」と。
それは「君が受けた恩は返す物ではなく、譲り渡すものなんだよ」ということでした。旅人はとどまる人間ではなく、通り過ぎて行く人間だ。だから恩を受けたと思うなら、その恩を他の人に受け渡しなさい。というものでした。
私は、そのとき気づいたんです。人が生きて行く事も旅だとすれば、他人への親切は、やはり旅人への親切と同じなんだと。オーナーが世話になったドイツ人は、オーナーにそれを伝え、オーナーはそれを私に伝えた。私もそうする事で誰かがまたそれを伝える。そうでなくても、優しくされた事のある人間は、絶対他人にも、優しくできるはずだと思う。
ここのスレに書かれている事、日常の小さな事だけどそれが少しづつ受け渡されて行けば、世の中捨てたもんじゃないと思えますよね。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました