SSブログ
房総半島(千葉県全域) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

銚子電鉄『ぬれ煎餅』レンジで温めると絶品!『銚電ラーメン』もヤケに旨い!・・やるなぁ~(; ・`д・´) [房総半島(千葉県全域)]

一つ前の日記でも書いた「いすみ鉄道30周年 春のいすみ鉄道まつり」に行ってきたわけですが、、
噂の銚子電鉄のブースもあり、こりゃーいいや!と色々買い込んできました
ぬれ煎餅って、そもそも千葉県の銚子市が発祥なんですね、そしてその銚子市を走るローカル鉄道「銚子電鉄」がお土産にも売り出し、今では銚子電鉄だけじゃなく「ぬれ煎餅」自身の知名度も一気に上げた、と・・
銚子電鉄のぬれ煎餅、ウチのチビッ子も不気味な笑みを浮かべるほどに気に入ってますww
KIMG2312s.jpg
※あまりにハマッたんでインスタグラムで勝手CM作りました!(煎餅もって商品名喋ってるだけw)
https://www.instagram.com/p/BiQVc9mgpV_/?taken-by=sanada_do


まー、なにはともあれ
銚子電鉄ぬれ煎餅 全3種ゲット!
こちらが銚子電鉄ぬれ煎餅の元祖 赤の濃い口味!
KIMG2311s.jpg

薄味好みの関西方面の人にもきっと喜ばれる 青のうす口味!
KIMG2310s.jpg

ちびっ子も大喜び 緑の甘口味!
KIMG2309s.jpg

で、この「ぬれ煎餅」、電子レンジで温めると出来たての味になるそうで、早速チャレンジ!
KIMG2321s.jpg

袋の隅を少し切って小皿に載せてレンジで温めます
色々検証(?)したところウチの電子レンジでは600wで15~20秒ぐらい温めるとベリーナイスでした

KIMG2322s.jpg

もーね絶品( ´ー`)...
KIMG2323s.jpg


その他にも「銚電ラーメン」もゲット!
KIMG2308s.jpg

早速かけそばならぬ「かけラーメン」でいただきました!
KIMG2318s.jpg
乾麺だと高くくっていたんですが、食べてみたらヤケにウマーイ(´∀`*)ポッ
それもそのはず、この麺は、千葉のご当地ラーメンの代表ともいえる竹岡式ラーメンで使われている麺と同様らしいと・・
KIMG2317s.jpg

中々に心憎い味でしたので、早速アレンジ!
自分が「かけそば」についで好きな「麻婆豆腐」を投下し「麻婆ラーメン」に!
KIMG2333s.jpg

結果 やはりウマ~~イ!(´∀`*)
KIMG2336s.jpg

銚子電鉄 やるなぁ~(; ・`д・´)
ちょっと今後は銚電にも個人的に注目しちゃおうかと '`,、('∀`) '`,、
(食い物に吊られやすいワタシ)

銚子電気鉄道(銚子電鉄)
http://www.choshi-dentetsu.jp/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いすみ鉄道なんだか楽しいぞ『ここには「何もない」がある』 ε- (´ー`*)フッ [房総半島(千葉県全域)]

あー、先週の3月4日、家族揃って、房総の伝説「いすみ鉄道」に乗りに行ってきました
え?「ローカル線に乗ってどこ行くの?」だって?( ゚д゚ )
ノンノン( ー`дー´)b
我々はただ
「い鉄に乗りたかった」のです( ゚д゚ )ウム

そうさせる何かが、この第三セクターのローカル鉄道「いすみ鉄道」にはあるのです

そんなこんな、いすみ鉄道の拠点「大多喜町」の町営駐車場にウチの車を停め、テクテクと駅に向かうと
KIMG1841s.jpg
いすみ鉄道の鳥塚社長の四駆ハッケーン!
いすみ鉄道応援団の皆様に習い「サナダ参上!」とか水性ペンで書きたい衝動に一瞬駆られるほど、白い大きな車でしたw、社長の四駆の写真は個人情報に関することだし社長に怒られるんで全面モザイク!(だったら載せるなオレ)

そして一日乗車券を買い、大多喜駅の構内へ
大多喜町は、自分が産まれて間もなくから高校の頃まで住んでいた町でもありまして、、
この町に対する思いは良くも悪くも人よりあると思います
でもそんな懐かしさ、様々な記憶を差し置いてもココの空気は良いですわ~
なんというか「本来の人間らしさに戻れそう」な何かがあります!
あぁ~緑が色づいてきたなぁ~、さすが南房総、外房の町!
春がウチ(今住んでる東京湾岸)より早えぇ~~わ
KIMG1842s.jpg
河津桜かなぁ~、もう満開だ
あれ?ソメイヨシノも咲いてら~(´∀`*)
KIMG1843s.jpg
静かにたたずむ保線車輛、そして穏やかな春の空気が流れる駅のホーム、小鳥のさえずり、、
いすみ鉄道のキャッチフレーズは『ここには「何もない」があります』ですが
ありまくりですわーーー!(; ゚Д゚)ノシ
Σ( ゚д゚)ハッ!
ここここれがいわゆる「何もない」が「ある」と、、やるなぁ~(゚Д゚;)ゴクリ…
一時間に1本あるかないかの列車を待つのも苦になりません、子供は記念撮影
KIMG1844s.jpg

・・と、駅構内で子供と遊んでたら、いすみ鉄道の鳥塚社長がいらっしゃいましたw
FBなどでは年中やりとりしているので久しぶりな感じはしないのですが、直接お会いするのは確か3~4カ月ぶりでした、ちなみに子供は鳥塚社長を「い鉄のオジチャン」と呼んでます
この人の凄さを全く知らんなコイツは ァ '`,、'`,、('∀`;) '`,、'`,、
KIMG1847s.jpg

鳥塚社長と立ち話をしている間に、自分たちが乗る黄色いムーミン列車がホームに入ってきました
ではでは行ってきます('ω')ノ
KIMG1848s.jpg

この色は、春に映える色だよなぁー(*´ω`*)
KIMG1849s.jpg

自分達は一日乗車券を買ったんで列車内で受け取るこの切符(?)は本来いらないんですが、まー記念にw
ワンマン運転なんで、乗り口にワンマンバスと同様に乗車場所が書かれたチケットが出る発券機があります
KIMG1850s.jpg

今回は大原方面、いわゆる「昇り」に乗りました、このルートは、自分が高校の時にいすみ鉄道の前身「木原線」で利用していたルートです 車でこの辺りを通過する風景とまた違って、エラい新鮮ですわー
そうそうシツコイけど、いすみ鉄道には「何もない」なんて嘘々(ヾノ・∀・`)、ここには昔ながらの昭和の里山の風景が、あの頃いつも肌で感じられた季節の移り変わりが、草木の匂いを含んだまま自分を包んでくれたあの優しい風が、やわらかい太陽の光がいつも当たり前のようにあります、それが都心から車でたった1時間ほどで行けるところにあるのです
豊かになり唯物主義、拝金主義的になりすぎた今の日本人達が、日々あくせく追い立てられてるうちに、ついウッカリどこかに忘れてきちゃった「何か」がココにはあるんじゃないですかね
単にいすみ鉄道に乗ってるだけなのに、自分も遠い昔をフッと思い返すような、あの頃の夢にあふれてた自分自身に会えるような、そんなホッコリ感が自然と湧いてきました

otosimonodesuyo-AA.jpg

乗ってるだけで自分自身を見つめ直す時間と体験をもらえるなんて、ヘタな感動映画観るよりずっといい!
しかも一日乗車券たったの1,000円!さらに小学生以下は無料!むっちゃ安い!!
いすみ鉄道こりゃーイイわ
サイコーじゃん!(^ω^)

そうこうしているウチに大原までの中間地点「国吉駅」に到着、
国吉駅の謎のヒーロー「い鉄くん」乱入!:(;゙゚'ω゚'):
KIMG1851s.jpg
い鉄くんは国吉駅のお弁当ヒーロー、おなかが空いた乗客の味方!
昨今では珍しくなった駅弁を、駅のホームや列車内で販売しているのです!
KIMG1852s.jpg
しかも「い鉄くん」の中の人は、いすみ市の「いすみ鉄道応援団」団長 掛須さんw
さらに掛須団長は、自分の通ってた外房の海っぺりの高校の先輩でもありビックリwww
自分の高校の先輩がヒーロー!マジすげぇ・・
尊敬します (`;ω;´)ゞ
ちなみにウチの子は、そんな掛須団長のことを「レッシャッシャーのおじちゃん」と・・
まー列車かぶってるしねー(;´∀`)
でもあの被り物、この季節でさえ暑くて大変なんだぜ、何より人の上に立つ人物とは、掛須団長のように並の人以上に隠れたところで汗水を余計にたらすものなんだ、だから尊敬されるのだ( ゚д゚ )b
よーく見ておけ我が子よ
あれが漢(おとこ)の生き様ってヤツだ!( ー`дー´)キリッ
掛須先輩、今度お会いするときまでウチの子には「い鉄くん」のスゴさをしっかり教え込んでおきます!
あーそんなこんな、いすみ鉄道を家族で満喫してきた日記でした(∩´∀`)∩

いすみ鉄道マジお薦めです、特に都会の人!
東京圏からこれだけ近いのに、私ら大人が忘れちゃった「あの頃」がリアルタイムで今もあるのです
そしてチビッ子から大人まで、ただ乗るだけでも色々体験できます
もっと人気が出てもおかしくないのになぁー、まだまだ観光地としても伸びしろが大きそうだよな
この週末はぜひ、何もなくても何かある
いすみ鉄道にレッツゴーヾ(o´∀`o)ノ ウェーィ♪

まーあとは大多喜町やいすみ市の、沿線のご飯屋さん事情だなー
いすみ鉄道沿線の地元は、食材がとっても豊富で美味しいエリアでもあるんだけど、
昨今では休日のお昼の書き入れ時でもお店しまってるとこ多いんだよねー
若い人が少ないせいで働き手が足りないのかなー、それがちょいと残念(´・∀・`)
大原駅のそばの源氏食堂や上総中川駅の近所のカサヤ食堂とか、TVやドラマにも取り上げられるぐらいだし
味はサイコーなんですよ

【関連日記】
いすみ鉄道なんだか楽しいぞ『ここには「何もない」がある』 ε- (´ー`*)フッ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2018-03-09-2
【風そよぐひろば】いすみ鉄道 国吉駅【昔ながらの原っぱ】
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-05-30-4
いすみ鉄道の国吉駅 伝説の「たこめし弁当」、そして「い鉄くん」(゚д゚)!
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-05-30-3
つくづく「いすみ鉄道(木原線)」は、自分の原風景なんだなぁ( ´ー`)フゥー...DVDを観て
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-05-12-1
いすみ鉄道の駅弁「たこめし弁当」この味は伝説級((((;゚Д゚))))ガクブル
お土産にポップコーンも買ってきたよ(^ω^)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-04-24-1
漢(おとこ)達のいすみ鉄道 いすみ鉄道応援団と出会った( ゚д゚)!
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-04-24
大多喜町でお土産買ってきた 「い鐡揚げ」と「らっかおこし」
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-01-24-1
房総半島の要の町「大多喜町」といったら「いすみ鉄道」でしょう( ゚д゚ )ウム
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-12-19-3
鳥塚 亮さんを知ってるかい?日本のローカル線のフィクサー、本物の地域振興のプロフェッショナル
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-10-05
大多喜町 江戸調レトロと昭和レトロが混在する町並み
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-08-18-3
【ショートムービー】「何もないがある」いすみ鉄道 小湊鐡道 【転載】
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-04-05
いすみ鉄道のコンテンツ力、スゲェよなぁ・・( ゚д゚ )
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-03-23
いすみ鉄道 新型車輛キハ20 ここには僕らが忘れてしまった昭和があった(´ω`*)
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2015-09-24

【「たこめし弁当」の詳細を伝える日記→いすみ鉄道 鳥塚社長のblog】
「国吉駅の駅弁売り」2017.04.23 Sunday
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2844


いすみ鉄道 大多喜駅


いすみ鉄道 国吉駅


いすみ鉄道 大原駅 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【謹賀新年】我が家の行事 氏神様初詣、産土神様初詣、房総の実家詣(もうで)、そして南房総のお雑煮をいただくε- (´ー`*)フッ [房総半島(千葉県全域)]

あー、元旦早々1月1日は、我が家はまず地元の氏神様に初詣に行ったあと、車で千葉県を高速使って南下、
今度は自分の産土神様である大多喜八幡神社に初詣に伺い、その足で房総(外房)の実家に顔を出します

こちらは私の産土神様である大多喜八幡神社
こちらの八幡様は、弓など武芸の神様、いわゆる戦(いくさ)の神様です
その向こうには江戸時代以降に建てられた近世大多喜城が見えます
(正確には昭和50年代に建造されたコンクリート城です念のため)
KIMG1385s.JPG
KIMG1390s.JPG

この大多喜八幡神社の右隣の地に、中世の頃の大多喜城がありました、詳しくは過去の日記を参照 ↓
【平成29年】 房総のお正月 初詣に地元の氏神様と大多喜八幡神社【西暦2017年】
KIMG1391s.JPG

あーそして房総(外房)の実家に到着、昔の自動車サイズの駐車スペースなんでウチの車だとギリギリ・・
KIMG1394s.JPG

そしてお約束のお節料理、海老、たこ、貝、数の子、イワシのたづくりなど、痛風の敵が揃ってお出迎えw
KIMG1409s.jpg
KIMG1410s.jpg
KIMG1399s.JPG
KIMG1408s.jpg

そしてお雑煮
KIMG1404s.jpg
鰹ベースの醤油色した澄まし汁に四角い切餅、これに大量の青海苔をぶっかけていただきます
お雑煮の具は、ニンジン、大根、ヤツガシラ、椎茸、小松菜、ナルトって感じ、肉や魚は一切入りません
どうもこのお雑煮は安房地域の伝統スタイルなようです、父親は南房総市和田町、母親は鴨川市出身だしね
昭和の初めぐらいまでは、具は大根と里芋だけだったようですが、徐々にアイテムが増えたということです
KIMG1407s.JPG

ちなみにこちらは東京23区内西側出身のウチの奥さんが作ったお雑煮、塩ベースっぽい澄まし汁に切餅
具は鶏肉、大根、里芋、ナルト、そして小松菜などの青菜
KIMG1414s.jpg
お雑煮ひとつとっても地域柄があって面白いです

それにしてもお正月っていいもんですねε-(´∀`*)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

玉前神社 ここはレイラインの起点!物凄いパワースポットらしい(; ・`д・´)…ゴクリ [房総半島(千葉県全域)]

あー、ついこの前、千葉県の九十九里浜の起点(終点?)、一宮町に
遥か昔からある「玉前神社(たまさきじんじゃ)」にお詣りにいってきました
ここは近年「富士山と出雲大社を結ぶレイラインの起点」「パワースポット」として人気らしいですが、、
自分はここが「上総国一ノ宮」、つまり当時の上総国で一番の神社であるため、
前から一度は行ってみたいなぁーと思っておりまして・・
なんだか調べたら、ここはあの源頼朝公が安産祈願を行った神社でもあり、
子授け、子宝祈願に物凄いご利益があるそうです
この「子授け祈願」「子宝祈願」の違いですが、玉前神社の巫女さんにお聞きしたところ、
「子授け祈願=第一子が授かる」「子宝祈願=第二子以降が授かる」ということらしいです
これ豆知識w

DSC_0053.JPG

まーそれはそうとして、さっそくお詣り!
最初の鳥居をくぐると、いきなり「さざれ石」がありました( ゚Д゚)!
tamasaki-jinjya1s.jpg
「さざれ石」とは、超簡単に説明しますと、ようは天然のコンクリートともいわれるものでして、
我らが日本国の国歌「君が代」でも登場するあの「謎の石」のことです!
詳しくはこちら 「さざれ石 - Wikipedia
「さざれ石」、名前は似てるけどサザエぢゃないんだからね!(´・ω・`)乙

・・で、まぁ「さざれ石」にちょっと感動したのち、社殿前の階段手前にある鳥居から一枚
朱塗りの鳥居の向こうに、黒漆で塗らてた独特の社殿が見えます
tamasaki-jinjya2s.jpg

ここで謎の一枚が写り込んだw
tamasaki-jinjya3s.jpg
お分かり頂けただろうか? 壁|;・`ω・) ジィー‐… 
金色に光る丸いモンが三つ写ってるるる~♪ (∩´∀`)∩
そもそもあの朱塗りの鳥居の周辺に、こんなんナイわーい ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
あとでスマホを確認してて気付いたんですがね、
一つ前の朱塗りの鳥居の写真の次に、撮った記憶のないこの写真が何故か一枚だけ撮られてました
この謎写真の次は、下に続く黒い社殿のものになります
自分はこういう写真を撮るときは、意外と間髪入れずパシャパシャ歩きながらお気楽に撮影してますんで、
このときも、スマホはずっと手に持ったままだったんですなー、いやいやオジサンびっくり(;´∀`)
こちらのご神体かな?
・・まーここは全地球に公開のblogだし、ひとまず深堀りせずスルーでヽ( ´ー)ノ フッ

次!、次!次!!
黒光りする社殿、素直にカッコいい…(; ・`д・´)ゴクリ
tamasaki-jinjya4s.jpg

「〇〇〇に住む眞田です、本日はお伺いできる機会をいただきありがとうございます」
「これからも末永く宜しくお願いいたします」
日々煩悩だらけの私ですが、自分が神様の前で基本的にお祈りするのはこれぐらいです
かっこよく言えば「ご縁に感謝、そして報告」のみ!( ー`дー´)キリッ
tamasaki-jinjya5s.jpg
だって神様という超次元の存在に、我々人間ごときの考えなんて全部見通されてますよ
そんな中で、あんまり力んで己の願望ばかり言ってたらシツコクって嫌がられますって(´・∀・`)
その代わり自分ちに所縁があるお墓では、ご先祖達に「商売繁盛!子孫繁栄!」と誠に欲深に祈ってますw


あー、そして次!
これは境内にある「はだしの道」、ここは靴を脱いで裸足で白い玉砂利の上を歩くコーナーです
入り口には「一周廻りて無垢となり、二周廻りて気を入れて、三周廻りて気を満たす」とあります
tamasaki-jinjya6s.jpg
何にせよ、入口から時計回りに3周まわるとなんだか完璧なようですね、
ドラゴンボールのゴクウが、ここを一周廻ったらスーパーサイヤ人(第一段階)、
二周廻ってスーパーサイヤ人(第二段階)・・に進化するようなイメージかな?
三周廻ると「願い事が適う」なんていう云われもあるようですな

駐車場の奥から遠目に玉前神社を写してみました、で、感想
この地形って古墳なんじゃね?( ゚Д゚)
円墳?方墳?玉前神社の地形自体がまさにそんなように見えました
tamasaki-jinjya7s.jpg
その地を治めた遥かイニシエの豪族の古墳の上に、時代が下り神社が建立されるケースは多々ありまして、、
玉前神社も、ひょっとしたらそういう歴史があるのかもしれませんね

そうそう、お札(おふだ)!
せっかく神様からご縁をいただきましたので、奥さんは「子宝祈願」の御守りを、
そして私は仕事場に置く「商売繁盛」のお札をいただいてきました
ただ仕事場には神棚がないため、メタルラックの上にお札を立てられるよう簡易スタンドを作りました
KIMG0484s.jpg
KIMG0486s.jpg
材料はガンプラ用のスタンド「アクションベース」、これを即興で改良し、お札を設置してます
神様、嘘っこなしに儲かったら神棚設置しますので、ひとまずこれでお許しを・・(-人-;)

KIMG0487s.jpg
KIMG0490s.jpg

あ!最後に玉前神社のご利益を!
上記の「子授け」「子宝」以外にも様々な縁結びがあるようで、その他にも
清新・発祥・開運・再生など、物事の新しく始まる事象は鵜茅葺不合命の働き
その働きを玉依姫命が守護されている
・・ということです
自分のような新興ビジネスにあるのはまさにそんな「清新・発祥・再生」、
そして「開運」はいつでもウェルカム!縁結びもビジネスでは重要!
・・こりゃー商売繁盛のご利益あるかも(´∀`*)エヘヘ

【関連日記】
【パワースポット】上総の国の一之宮 玉前神社に初詣【レイライン】
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2019-01-22-2
レイラインの起点!玉前神社に今年もお詣り(; ・`д・´)…ゴクリ
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2018-05-14
玉前神社 ここはレイラインの起点!物凄いパワースポットらしい(; ・`д・´)…ゴクリ
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-08-21-4

上総国一ノ宮 玉前神社
千葉県長生郡一宮町一宮3048
http://www.tamasaki.org/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

夏はムイムイの季節 ハエの大王ウシアブ:(;゙゚'ω゚'): [房総半島(千葉県全域)]

あー、久しぶりの日記更新です

昨日、所用で房総半島を南下し、南房総・外房の町「いすみ市」に日帰りで出かけてきたんですが、
今朝、自宅駐車スペースに停めてあるウチの漆黒のライトバン(Jeepグランドチェロキー)の下に、
なにやら目につくサイズのムイムイ(虫)がポトリと・・
KIMG0013s.jpg
KIMG0012s.jpg
Σ(; ・`д・´)ハッ!!
こここ、これはハエの大王!:(;゙゚'ω゚'):

ハエの大王、つまり「大きな血吸いバエ」ともいわれるウシアブでした
昆虫綱ハエ目(双翅目)ハエ亜目(短角亜目)、体長30mmほど、、
一般的なハエより2倍以上の大きさですが、
高速飛行用に進化したのか、全体的にカッコいいぐらい流線形で、
その動きは、ただ速いだけじゃなく非常にすばしっこい!
なんというかクイックな動きをするんですよ!高速のまま鋭角ターン決める感じ!
近くに寄られるとマジに目で追えないほどです!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
そしてウシアブは牛など家畜の血を吸いますが、人間ももちろん彼らの捕食(?)対象
体温、そして体の動きに反応して、重低音の羽音を響かせ、ものすごい速さで急接近し回り込み、
知らぬ間に体に取り付き血を吸うのです!
吸われると一般的なハチに刺されたとき以上に強烈な痛みでして、、さらに思いっきり腫れるんですわー
田舎の山の中では、このアブとオオスズメバチは超厄介者です
KIMG0014s.jpg
KIMG0019s.jpg

まさかねー、自分の家のある、この東京湾岸にいるわけないんで、、
まー、いすみ市までの往復で、あっちを走っているときにコイツが車のグリルとかにぶつかって挟まり、
そのままウチに一緒に連れてきちゃったんでしょうね
あ、一応こいつはもうお亡くなりになってますので、人を刺すことはないです念のため
逆にこの界隈で、ウチの田舎に多数生息するこのウシアブやオオスズメバチ、
巨大なスズメ蛾がいたら案外みんなビビるだろうな、対処法やメンタル的な免疫ないだろうしな
軽いパニックすら起こるかもしれんw

あー、そうそう、この季節の山の中では、もう一つ厄介者がいましたわー
ヤマビルです(;^ω^)
体長50mmほどで、尺取り虫みたいな動きをするヒルなんですが、
コイツも移動速度が不気味なほどに早く、、
やはり熱や振動に反応して高速で獲物に寄ってきて血を吸うのです
田舎の山道で、エンジンかけたまま車を停車させてたら、
その車にモノスゲー勢いで、みるみるよじ登っていくヤマビル集団に遭遇したことがありました
あれは軽い恐怖だったよなぁー(´・ω・`)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
前の5件 | 次の5件 房総半島(千葉県全域) ブログトップ