SSブログ
放射能汚染関連ニュース TOPIX ブログトップ
前の6件 | 次の6件

ねずきちの ひとりごと「稲博士の予言は実証された」より転載 [放射能汚染関連ニュース TOPIX]

ねずきちの ひとりごと「稲博士の予言は実証された」より転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1434.html


以下は、史実を世界に発信する会の茂木さんからのメールの転載です。
所感は末尾に書かせていただきました。
まずは、メールをご覧下さい。

~~~~~~~~
【稲博士の予言は実証された】

『週刊文春』12月29日号に次のような記事が載りました。
「放射能汚染福島で不気味な植物巨大化進行中」

放射能汚染の被害を受けた福島で、ある”異変”が起きている。
「3年前に枯れたシャコバサボテンが今年生き返ったんです。特に手入れをしたわけではないのですが・・・・」

そう首をかしげるのは30年以上福島市に住む女性だ。
20年ほど前から育てているというシャコバサボテンは、老齢の為かここ数年、花を咲かせらてないほど弱っていた。去年の夏から茎がボロボロになり、今年は「もう捨てるしかない」と諦めていたところ、突然、大きなつぼみをつけたのだという。

「夏ごろにペラペラだった葉は肉厚になり、みるみる茎が太くなっていったんです。数年ぶりにつぼみをつけている姿を見ましたが、こんな大きなつぼみはみたことがありません。」

サボテンだけでなく、自宅に植えられた草花はどれも「今まで見たことないくらいよく育ち、バラは例年の倍も花を咲かせたのだとか。

同市に住む別の女性も口をそろえる。
「今年は本当にすごかったよ。家庭菜園で育てているハーブなんて、普通は20センチくらいしか伸びないのに今年は夏ごろからニョキニョキ育って、垣根を越えたんだから。トマトも茗荷も、丸々大きくなってよ、味もそりゃよかった。庭いじりやっている友達もみーんな『今年はすごい』って言ってる。『これは放射能の影響でねえか』って噂になっている。」

・・・福島の農産物も例外ではない。皮肉なことに、今年はどの作物もできがいいという。
「米も野菜もできがいいけど、ほとんどが出荷停止。(以下略)」

飯坂町で果樹園を営む女性は、肩を落として語る。
「確かに今年の梨は一回りもふた回りも大きいし、リンゴも特に甘い。でも全く売れません。」

こうした現象が現実に起こっているのです。見出しでは『不気味な』と書かれていますが、これは実は不思議でもなんでもない、低放射線の効果のためなのです。

稲博士の昨年3月栃木県護国神社での講演で、低放射線が体に良いことだけでなく、植物にも生長促進効果があることを語っています。

例えば、宇宙船の中では地球上の300倍の放射線を受けるが、樹齢1200年の桜(?)の種が、宇宙船に8カ月滞在したところ芽を出したこと、福島の野菜は全く危険ではなく、むしろ健康にいいし、又放射線効果で成長はよいはずだ、といったことですが、福島でそう通りのことが起こった、ということです。

稲博士の予言的中、と言うことですが、別に稲博士は『予言』したわけではなく、科学的にこうなると述べたわけです。
稲博士の講演をYouTubeで見たのに衝撃を受け、終にはラッキー博士と出会い、放射線の真実を知るようになったわけで、稲博士のこの講演にはどれだけ感謝しても足りないと思っています。

さて、こういう事実からすると、そもそも福島が『放射線汚染された』というのは完全に間違っている、ということになります。
全く逆に、放射線の恵を与えられた、というべきではないでしょうか。

豊葦原の瑞穂の国をより「瑞々しく」してくれたのが放射線である、というのが実際に起こったことです。
忘恩の徒、という言葉がありますが、こういう恵をヘンなイデオロギーに基づいて逆恨みし、「日本国土を放射線で汚染し」とはいったい何事でしょうか。
忘恩の徒そのものというべきでしょう。

しかもそういう誤った考えが、現在の学会、マスコミ、世論を主導しているために、折角の恵が生かされないでなく、しなくてもよい避難生活を福島の人々に強いているのです。

このように「事実」によって低放射線有益論は、実証されています。
世田谷事件もその一つです。

100ミリシーベルト近くの放射線を床下のラジウム226から50年間も浴び続けていた方が、92歳で健在であるということが分かった事件です。高い放射線が出ているということで大騒ぎになりましたが、92歳で健在ということが分かると、マスコミはこの報道をしなくなってしまいました。
恐ろしい思い込みと偏向です。

こういう思いこみを学問の名で宣伝している人がいるのは困ったことです。
しかもこういう扇動に乗る人も多いようで余計困ります。

理論面から、低放射有害論は全く根拠がないことをラッキー博士がBEIR(電離放射線の生物学的影響)委員会の7次に亘る報告書を批判した論文の訳がほぼ完成しました。
今週中に発表したいと考えていますので、ご期待ください。
~~~~~~~~~~~~

【BEIR委員会報告書批判:T.D.ラッキー博士(ミズーリ―大名誉教授)】

BEIR(電離放射線の生物学的影響)委員会は7次にわたる報告書を発表しております。
これが、ICRPの基準値の基礎となり、又現在の放射線学会に大きな影響を与えております。

学問的基礎とされ国際的な権威となっているこの報告書、それが実はLNT仮説(これをモデルと呼ぶと何か本質が変わるかのようなおかしなことを言う人がいますが、笑い話です)を絶対的といっても過言ではない前提にした、データを無視した結論を出しているトンデモものであることを実証したのが、この論文です。

International Journal of Nuclear Law, Vol.2, 2008 に Nuclear law stands on thinice というタイトルで掲載されたものです。(日本語タイトルは内容を示すものにした)

ラッキー博士は7つのBEIR報告書を含む82の文献を取り上げながら、如何に報告書の言っていることが、事実と矛盾するものであるか、LNT仮説を、事実に反して前提にしているかを33ページの長大な論文で明らかにしています。
いくつかその例をあげてみます。

BEIR一次委員会では添付図1長崎の被曝者にみられる白血病のグラフを載せているにもかかわらず、結論では「長崎における白血病症過剰は1放射線につき年間100万に1件になル」という見当外れのことしか言っていません。
グラフを見れば明らかなように、31cGy(310ミリグレイ=シーベルト)から69cGy(690シーベルト)の被曝者は、何とゼロであり、それより低い被曝者・そして高被曝者よりも白血病になりにくいことを示しているにもかかわらずです。
明らかにホルミシス効果が表れている事実には目をつぶっているわけです。

BEIR3次では「ハツカネズミやネズミの卵巣への放射線投射は卵細胞と胎児の数を初期にそして継続的に減少させる結果をもたらす」と述べているのですが、ブラウン博士やスポールディング博士、ブルックス博士らが行った実験結果と正反対のことを平気で言ってます。

その実験は12世代にわたるネズミに1日20ミリグレイのガンマ線を投与しました。
投与したネズミとしなかったネズミの比較:子ネズミを持つ母親(100%vs80%)、子ネズミの平均サイズ(10.0 vs 6.1)、子ネズミの平均体重(63.0g vs 36.0g)、父離れしたネズミの総体重(384g vs 336g) こういう研究成果が出ているにもかかわらず、完全に逆のことを言っているということです。

極め付きは「委員会はガン誘発性が低線量放射線の最も重大な身体的影響であると考える」(第3次)というとんでもない事実に反する声明です。

添付の図22に被曝した核施設労働のガン死亡率調査研究8点が要約されて載っています。それぞれの研究についてのより詳しい要約が本文にのっていますが、博士がこれら8つの研究結果のデータを1つの図にまとめたものです。

これは欧米の核施設6か所の労働者15万人近くをカバーしている研究であり、極めて信頼性が高いものです。明らかに、被曝量に正比例してガン死亡率は下がっており、もっとも顕著な例では、70ミリシーベルト近くの被曝量の人は比較対照群(一般平均)の10%くらいまで下がっています。よく図をお確かめ下さい。このもともとの数字は、大部分BEIR報告書に載っているのですから、呆れたものです。データと云ってることが違います。

ラッキー博士は3000近くの論文が、放射線ホルミシス現象を示していることを『放射線ホルミシス』で示してホルミシス論を発表しました。本論文でこう言っております。
「英語で書かれた優れた論文の中で、正常な哺乳動物における低線量の放射線被曝による害について言及しているものは一つもない」(日本語訳2ページ)

BEIR4次では「実際に応用できる仮設として、最も低いレベルでさえ放射線は発ガン性があるとみなされる」と言った後で、「もっともこの仮説を裏付ける疑う余地のない証拠はなにもないが」(176ページ)と本音をチラリと漏らしてはいます。

日本語訳は42ページになりました。
低放射線が有害かどうかについて、この論文を読まずしてどうこういうことは『無免許運転』をするに等しいと思います。
~~~~~~~~~~~
(↑転載ここまで)

ボクは放射線について素人なので、むつかしいことはよくわかりません。
けれど茂木さんの文を読んで、2つのことはわかる。

ひとつは、放射線をやみくもに危険視することには問題があるということ。
二つ目は、東電のみなさんが、ほんとうによく頑張ってくれている。そのことに私たちは感謝しなければならないう、ということです。

何でもそうですが、物事は表裏一体です。
悪い面もあればいい面もある。

放射線に関して言えば、私たちは現にラドン温泉など喜んで入浴しているのだし、健康のためとCTスキャンやレントゲン写真の撮影には多くの方が喜んでこれを利用されています。

要するに私たちは、いまあるものを如何に上手に活用するかが大事なのであって、放射線をやみくもに危険視するのは、かつて左翼が自動車を危険視して、やたらと規制したがったことと同じ構図の延長線上にあるように思います。

自動車は、たいへん便利なものです。
けれど運転を誤れば、それは凶器になる。
いかにその便利さを有効に、人々の生活に役立つように使うかが問題なのです。

同様に、放射線をやみくもに怖いもの、恐ろしいものであるかのように宣伝して人々を焚き付けるのは、冷静に見てみれば、何か別な意図があっての政治的プロパガンタにすぎないと、誰でも気付くことができます。
大切なことは「いかに上手に付き合うか」だからです。

福島等において野菜や果物がよく実ったという事実についても、もし福島原発が過日の地震の際に核融合爆発を起こしていたら、それは広島長崎に匹敵するまさに大変な悲劇、たいへんな事態を招いたことでしょう。
それをギリギリのところで、押さえ込み、あの事故で、核爆発による死者やけが人をひとりも出さなかった事実は、まさに東電の職員のみなさんの頑張りのおかげです。

繰り返しますが、東日本大震災とその後に起きた津波被害では、多くの方が亡くなりましたが、福島原発の事故で亡くなったり怪我をされた方はひとりもいない。

むしろ事故による被害を最小限に食い止めるために昼夜を問わず必死で働く原発職員の皆様、あるいは自衛隊、消防、警察の皆様に、ろくな食物も与えず、栄養失調や過労を重ねている現実に対して、何の援助もしようとせずに、いたずらに非難や批判を繰り返した民主党政府や左翼メディアの方が、よほど深刻な被害を及ぼしているように、ボクには思えます。

以前、「放射線は塩分と同じで、摂取は多すぎてもいけないし、少なすぎてもいけない」と書かせていただいたけれど、何事もそうだと思うのです。

過剰はいけないし、不足も良くない。
そして政治的に歪めることはもっと良くない。

「一日も早く民主党がなくなりますように」と書いたプラカードを持って立っていた方が先日逮捕されたけれど、もはやその言葉は、日本を愛し、日本を守ろうと思う普通の日本人にとっての常識です。
いわば日本に住む日本人でない害人(あえてこう書きます)以外の、普通の日本人の総意ですらある。

そんなに日本が嫌なら、日本から出て行け!
君たちがいなくなることで、日本は数年を待たずして世界の模範となる、世界最強かつ世界一平和で豊かな国家となることができるのだ。
そう断言したいと思います。


アリソン教授「原発の被災者は帰宅させよ」


--------------------------------------------転載ここまで

オマケ:
自分ちの月桂樹も、原発事故の後、いきなり伸び出して、結果3m近くになりました
そもそも月桂樹って1.5mぐらいしかならない筈なんだけどなぁ~
それも今まで何年も大きさ変わらなかったのに、
原発事故後、いきなり伸びたんだもんなぁ~・・・
また、事故後、自分の体調に関しても、なんだかんだいいしww
風邪をこじらせにくくなりましたね~
(とかいいながらこの前、風邪のフルコースやったけどw)
正直、低放射線は体にいいのかもしれません
研究の結果がマジに待たれます

あ、自分の住まいは、東京湾岸地域です(´・ω・`)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

自然放射線量の地図 [放射能汚染関連ニュース TOPIX]

長野や岐阜、富山も放射線量は割と高い地域がありますが、、
ここいらから西は、自然放射線が基本的に高いです

しかしまぁそんな長野県でも、既に川魚から原発由来のセシウムが見つかってますががが・・・


■自然放射線量の地図

http://www.geosociety.jp/hazard/content0058.html


http://gxc.google.com/gwt/x?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E8%B3%AA%E5%AD%A6%E4%BC%9A&client=ms-nttr_docomo-jp&start=1&guid=on&hl=ja&inlang=ja&ei=bfi8TviWFYzqlAXQ6AE&ved=0CAYQFjAB&output=xhtml1_0&rd=1&u=http://www.geosociety.jp/hazard/content0058.html

Radiation-m2.gif.JPG

記事の内容から、2004年時のモノらしいです
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

岩手県の放射能汚染が凄いようだ [放射能汚染関連ニュース TOPIX]

bandicam_20111027_210443311.jpg

201110062332270fa.jpg

まだ詳しい事はよく分からないけど、
ネットの検索で、かなり出てきますね(´・ω・`)

インターネットはクソもミソも詰まってるもんですが、
基本的に火のないところに煙は立ちません

岩手県で一番空間放射線が濃いように見える一関市って、
この前世界遺産になった平泉のそばだったんじゃなかったっけ・・・

ただ、思うんだけど、
ホントはどこまでが危険で、どこまでが安全か、
それが相変わらず明確に出来ていないから、
世の中でいまだに軽くパニックになってるんだろうな~

そんな中、こんなご意見もあります
一読の価値はあるかと思われます

「本当の専門家に聞いてみた放射能の真実
「分からない」から不安と恐怖が増殖していく」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/26995

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「放射能を気にしてピリピリ生きてるんだろうな~」とか思われそうですが [放射能汚染関連ニュース TOPIX]

更新が殆んどない自分のblogで珍しく更新が続いたと思ったら放射線の事ばっかでww
こんなことばかり書いてると、さぞやコイツは
「かなり放射能を気にしてピリピリ生きてるんだろうな~」とか思われそうですが・・・
正直言うとそんなでもありませんw
どっちかというと情報を集め常に考えながら食材を選択、
で、今夜の飯のメニューや外食を何にしようかな~と、
案外楽しくやっておりますw

よく言われる「放射能=癌」にしても、そもそも人の体内では
毎日3,000~5,000個の癌細胞が生まれ、そして日々修復されてます
また、今回の原発事故での放射能以外にも、
自然放射線やら宇宙線やらで、常にDNAの一定数は壊れております
その他にも何十年も前から共産中国で繰り返された核実験により、
日本の西側、東関東から沖縄にかけて、
核兵器由来の放射性物質が何十年も前から、皆が思う以上にしっかり降ってます
最近は核実験はあまりしなくなったようですが、
当時の核実験での放射能を含んだ中国大陸の砂は、今も相変わらず日本に降ってきてます
シルクロードの風、楼蘭辺りから吹く黄砂ですね・・・ 
他にもホントかウソか分かりませんが、
やはり共産中国の幾つかの核施設からの大規模な放射能漏洩の噂もチラホラ聞きますし・・・

それでも即効おっ死なないのは、人間は、ある程度の放射線に耐えられるから、、(※)
そもそも普通に生活してる人の体内にも、
おおよそ5,000~7,000ベクレルぐらいの放射能がデフォルトでありますしね
まぁそれを必要以上に増やさないように、それなりに注意するようにした、って感じでしょうかね

だからといって一番良くないのが手放しで全く気にしないというのと、
相反するけど、必要以上に危険視しすぎる事じゃないかな~

幾らある程度の放射線に耐えられると言ったって、
許容量以上の放射線をいきなり大量に取り込むと老化が早まり、
癌などを誘発する恐れが高くなるのは間違いないと思われます
逆に毎日キリキリしすぎてもよくありません
「病は気から」という言葉の通り、精神的に草臥れてくると、そもそも体の免疫機能がガタッと落ち、
いつもなら大丈夫な放射線量でも癌など深刻な病を誘発しやすくなるかもしれません
もちろん放射線に起因すると言われるもの以外の病気にもかかりやすくなってしまいます
何よりせっかく生きているのに、毎日そんなことばかりクヨクヨキリキリ考えてたら
人生が楽しくないです 

欧米の諺にある通り「正しい判断は正しい情報から」
今の日本の政府やマスコミで流される情報は全く信用できないんで、
自分自身で信じられる情報源を色々探さなくちゃいけないけど、、
「正しく警戒する」事は、今後日本全国で必要じゃないかな、とか考えてます

どちらにせよ、今、私達日本人は、かつて人類が経験したことのない「未体験ゾーン」に突入しております
この国でこれから生み出される放射線に関する知識や経験をベースにした対応力・技術は、
きっと人類の次世代の根幹の一つになるものと信じてます


ただそんな自分でも、現在まで魚介類を食べるのは控えております
生物濃縮や海での藻類への影響が、まだよく分からないからです

あぁ~(゚д゚)ウマーな外房の魚を早く安心して食いたいなぁ~
ウンマイ寿司が懐かしい・・・
生まれ育った故郷をあえて「エコ贔屓」しまくるけど、
房州寿司に比べたら東京で食う寿司は、どんな高級と言われる寿司屋でも
ケチくせー小(ち)っちぇーネタにこれまた小(ち)いちゃっけぇシャリで、
第一「酢」が全く効いてねーっす  
あんなのでウンマイ寿司を語るな (# ゚Д゚) ゴルァ━━━!! 
(しばらく食ってないんで寿司の話をするとイラつきます、申し訳ありません) 

ま~おいねーんで当分は房州名物の太巻き寿司でガマンすっべかな
(いつのまにやら房州弁モード) 
 
800px-Big_rolled_sushi,Hutomakizushi,Katori-city,Chiba,Japan.JPG 
写真:ウィキペディアより
 
 
※噂ではそもそもの居住エリアの緯度のせいなのか、
所謂白人よりアジア系やアフリカ系の人々の方が、放射線に対する耐性は強いようで、、
中でも日本人は火山列島に従来より住んでたせいか、
はたまた昆布や大豆などの食材が良かったのか、ピカイチで強いということです
 
だったら尚のこと現状の打破に向け、がんばり甲斐はあるんじゃないかな?とか
不謹慎にも割合呑気に構えてます

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アナタの身近に放射能キタ━━!(ノ∀`) 体内被曝に対する個人的な心得 [放射能汚染関連ニュース TOPIX]

世田谷の放射能騒ぎの件も横浜のストロンチウムも、時間が経ってからTVのニュースでガンガンやってるな~、
はじめ様子見してたんだなこりゃ
これだからマスコミは・・・ 
(゚ д゚ )
 
横浜で先程見つかったストロンチウムとは、原発内でセシウムと同様1/10ぐらい発生するもので、、
セシウムに比べ、今まであまり表に出てこなかった背景とは
「混乱を避けるため」に誰かが少なく提示 or 隠してたんじゃないかな~とか個人的には思ってますw

ちなみに放射能、何でもかんでもチェルノブイリと比較した話を聞くけど…、
そもそもプルトニウムの量は福島の方が遥かに少ない、
それにチェルノブイリは稼働中の原子炉が熔融爆発して四散しまくったんで、、
量は福島の方が多いけど、出ているモノからして仕組みも異なるチェルノブイリとはちょっと違います
そして事故後、放射能の大部分は、神風ともいえる季節風により、太平洋に飛ばされた 
これは事故当時の日本にとって大変にありがたいことだったのは事実 
本当に「神」の存在を感ぜずにはいられないような出来事でした

2011-3-29kazamuki.jpg


ただ日本の場合、海が… 
今回の原発事故の場合、ホントの被害は「海」なんだと思ってます

1314682352.jpg

事故を起こした福島原発や、雨で陸から川へ流れ落ちたりした放射性物質が、
ご存知の通り、今も太平洋に流れこんでおります 
・・・ただまぁ日本の魚介類は、銚子から南の房総近海物以南に限っては
まだ年内は大丈夫なんじゃないかな…、
ただ年が明ける頃には海がマジェマジェされて、徐々に日本中の海が汚染されていきそう、、 
あ、しかし回遊魚(サンマ、サバ、イワシ、カツオにマグロなど)、
つまり太平洋を元気に泳ぎ回っているヤツは今現在も様子をみたほうがいいかもな~、 
近海のアジなら平気かな?w 

東京湾の江戸前の魚介類は、面白いぐらいに全く情報が出ないけど、
フツーに考えて汚染されていると思う、
なぜなら雨で流された放射性物質は皆、海に流れ落ちるから…、
ほんでもって貝類やヒラメ、アナゴなど、江戸前の有名な魚介類は海底に這いつくばってるのが多く、
沈澱した放射性物質をしっかり蓄積&濃縮してると考えるのが自然じゃないですかね
海藻類、江戸前の海苔なんてどうなっちゃってんだろう・・・
海藻類は海の濾過フィルター、放射性物質をたっぷり吸着しちゃうんじゃまいか? 
まぁその分、東京湾を囲む関東は、急速にキレイになっていってるんだけどさ
(´・ω・`) 
 
 
2011-10-12.jpg
農作物に関しては、植物は基本的に土中から放射性物質を吸い上げないんで、
洗ったり湯通しすれば何とかはなるんだろうけど、
菌類・キノコは見事に吸い上げるんで、、
シイタケやマツタケなどに多い露地栽培&天然物は要注意だわなぁ~
キノコ好きなのになんかザンネンだ・・・
 
  /⌒\ 
 (;;;_,,,)   
  ノ'A`!       
  (_,,丿 
 
肉類は、汚染地域の餌を摂取するとどうしても生物濃縮が起きるから、
汚染地域のモノは避けるのが安心かなぁ~ 
海外輸入モノがその点一番かもだけど、
輸入モノは輸入モノで、化学物質などにより、
国内産よりかなり汚染されてる可能性がある… 
 
 
まぁグダグダと書いてみたけど、
今回の原発事故で危惧されてる放射能の実質的な被害「体内被曝」に、
個人で注意するということは、こういう自衛しかないのかと・・・

少なくとも自分はこんなことを日々考えながら
外食したりスーパーで食材買ったりしてます 
結局自分自身の食の安全は、
自分でそれなりに勉強して自分で責任持って対応するしかないという事ですな~
(´д`) 
 
これを「風評被害」と言うなら勝手に言いやがれ
実際に放射性物質が検出されてるんで正確には「風評」ではない
そんな事いう君らが気にせず食えばいいだけ
 
あ~ちなみに、、
農産物&海産物などは日本全国津々浦々に流通してるんで、
「ウチは東北&関東圏じゃないから大丈夫っ」ていう発想は、持たない方がいいと思います
ある地域で売れなければそれが他地域に並ぶだけ、
もしくは加工食品や外食産業などに再度形を変えて流通するだけです


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

千葉県と太平洋の放射能汚染について [放射能汚染関連ニュース TOPIX]

これを見る限りでは、千葉県の南房総地域の農作物は安心だな
大好きな大多喜産のコシヒカリ米や鴨川の長狭米は大丈夫そうだ (´∀`)


149_1344316944_238large.jpg


・・・しかし海がねぇ・・・
まぁ房総だけの問題じゃないけど
こりゃオイネーわなぁ (´゜ω゜)

1314682352.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の6件 | 次の6件 放射能汚染関連ニュース TOPIX ブログトップ