SSブログ
フツーに日記 ブログトップ
前の5件 | -

【平将門公の首塚】久しぶりにお参りしてきました(2023年3月28日) [フツーに日記]

今週月曜日の朝、起きた時から将門公の首塚が、なぜか無性に気になって、次の日にしばらくぶりに行ってきました。神仏が気になるというのは「呼ばれている」ともよく云われます。そういう時は素直に行った方が良いのです。なにより平将門公は桓武平氏であり坂東豪族の英雄、少なからずうちもご縁がある方です(坂東ってのは関東の昔の言い方)。
個人的にも3637年程前の美術学校生の頃にちょっとしたご縁があって、以来ちょいちょいお参りさせていただいてたんですが、この2年程は新型コロナの流行もあり行ってなかったんで
おい!いい加減カオ出せや
近けぇクセにナメてんのか
《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!
‥なのかもしれません、マジに呼び出し喰らったのかもなぁ~。。

将門公の首塚には、実は自宅からは地下鉄で乗り換えなしで片道2030分で行けるので、行こうと思えば毎日だってひょいひょい行ける距離なんですよね。今後はなるべく行こう・・。

1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
6.JPG
7.JPG

そういや将門公は、昔から「祟り神」だと有名ですが、そりゃ無念の死に方をしたら相手を恨むでしょうし、そもそもからして新たな国を興そうとした力の強い方です。怒ったら半端ないと思います。
その昔、私が30歳前後の今よりずっと若い頃ですが、これもちょっとしたご縁で見てもらった不気味なぐらいよく当たる水晶占いのおばさんに「あなたは八百万の神々と違うものに守られている、見入られている。それは鬼?海外では・・悪魔のようなものね・・」といわれた記憶がありますが、多分その頃は、今から思うとかなり祖業悪く世間知らずだった私を、祟り神といわれる将門公だけが「やれやれ仕方ないな」と見捨てず見守っていてくれていたのかもしれません。とても懐深い優しい方じゃないかと私は思っております。
でも振り返ると、初めてお参りした3637年程前のときなどは本当に怒られたような、そんな一種独特な経験をして心底ビビッた思い出があります
(´)

どんなことがあったのか?私が2016年に書いた本blogURLを張り付けときましょうw

https://sanadado.blog.ss-blog.jp/2016-06-03

家族でもお参りしたことがあります。この時は心霊写真みたいなのが写ったなぁ。。

https://sanadado.blog.ss-blog.jp/2018-08-20-2

5.JPG
8.JPG

【将門塚に関するURLなど】
落合道人 Ochiai-Dojin 「柴崎古墳」=将門首塚の面影。[気になる神田川]
https://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2011-09-09
古墳横穴同時代遺跡端部記録帳 ■ 将門の首塚
http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/2007/02/post_11.html
人文研究見聞録 将門塚(平将門の首塚)[東京都]
https://cultural-experience.blogspot.com/2015/01/blog-post_10.html

【関連日記/このblog内の過去日記】
【平将門公の首塚】久しぶりにお参りしてきました(2023年3月28日)
https://sanadado.blog.ss-blog.jp/2023-03-30
【平将門公の首塚】お盆だし、ふと思い立ってお参りに行ってきました(-人-) ナムナムナム‥
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2019-08-27
【平将門公の首塚】初めて家族みんなでお参りしてきた(´∀`)
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2018-08-20-2
【平将門公の首塚】どうも招かれたようなので久しぶりにお参りしてきた(´∀`)
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-11-27-1
【平将門公の首塚】 招かれてるような気がして、久しぶりにお参りしてきた(´∀`)
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-06-03

平将門-Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B0%86%E9%96%80


nice!(3)  コメント(0) 

従弟の浩二が亡くなって、昨日でちょうど一年が経ちました [フツーに日記]

もう一人の弟とさえ思っていた従弟が死んで昨日でちょうど一年、この一年の間、またヤツからメシにでも誘う電話でもかかってくるんじゃないかと思ってましたが、、
遺体安置所でも棺桶の中でもフフッて薄く笑った顔してたんで、ひょっとしたら浩二の死は全て嘘じゃないかと思ってたところもあったんですよ、今だったら許してやるから白状してとっとと飯でも誘いに来やがれくださいと思ってましたが、やっぱりヤツは死んじゃってたようです。。
kouji-1.jpg
kouji-2.jpg
思い出すのは、ヤツが死んだ日、あの日は従弟の事が気になってまして、そして夜、寝るときに瞼を閉じると何故か男が二人話す声がどこからか終始『…ゴニョゴニョ、ゴニョゴニョ。。』と、、
深夜ですし周りの家の声も聞こえてこない三階に寝室があるので『不思議だなぁ、また何か来たかな?』と思いながらその日は眠ったんですが、、
翌朝、浩二の母の叔母から朝イチで連絡がきまして、何でも夜中に警察からの身元確認の連絡がきたけど朝になるのを待って私に連絡をくれたということでした
前の日、ヤツの事が気になりだしたのは事故ったといわれる時間帯で、夜中の誰かのゴニョゴニョ声は、多分ですが浩二と、既に他界していた浩二の父の叔父か、もしくは亡くなったウチの弟と浩二が一緒に知らせに来たのかなぁと考えました、死んだ弟と浩二は仲が良かったんです
しかし、一年経ちましたねぇ、、ついこの前のことのようです。。
ヤツの母方は明治天皇の近衛兵を出した家柄ですし、そのDNAか大きな単車も小さく見えるほど体格が異様にいいヤツで、どんな単車でもねじ伏せられるとも思ってましたが、交通事故であっけなく世を去りました
デカい図体のわりには性根の優しい男だったので、大かたスピード出してコーナー攻めている際に鹿などが飛び出してきて、咄嗟に避けようとして単車ごと宙に舞っちゃったんじゃないかと、、
稀代の名馬GSXR1000R逆輸入車、その駿馬に跨って、まさに討ち死にみたいな感じですね
いやいや残念至極、世の無情を思います
この一年、浩二だけが知るお友達への連絡のため、Facebookでさんざん派手に告知しまくったけど、まだ浩二の死を知らないお友達のためにも、ここに実名のタグをつけてUPしておきます、私は目的達成のためにはたとえ死者への冒涜と言われようとも手段は選びません(キリッ ・・どうか気付いてやってください。
浩二よ、私が君の分も長生きして、そしてこの世でのお勤めが終わってソッチに行った際には、ぜひ向こうで何か美味しいものでもおごってくれたまえ、
宜しく!お疲れさん!
kouji-3.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【平将門公の首塚】お盆だし、ふと思い立ってお参りに行ってきました(-人-) ナムナムナム‥ [フツーに日記]

あー、ついこの前のお盆前のことですが、、
ふと気になって、ご縁のあるお墓(?)に一人でお参りに行ってきました
・・で、早速しょっぱなから軽いミラクル、出かけたのは10時過ぎだったんですが、いつもはこの時間にはある筈のない通勤用の始発電車が待っててくれました『あーこれは、やはり招かれてるな』と実感w
こういうことって、神仏系ではよくあるんですよね( ゚д゚ )
KIMG8826.JPG

東京都千代田区の大手町駅で地下鉄を降り、地下通路を歩きます
KIMG8827.JPG

付近は現在再開発中ですので、今はこのビル、大手町パークビルディングの地下から出るのが早いです
KIMG8828.JPG

到着!
KIMG8829.JPG

ありがたやありがたや(-人-) ナムナムナムナム‥
KIMG8830.JPG

都会の喧騒も、付近の建設現場の音も、なぜかこの空間にいると遠くに感じます
KIMG8833.JPG

平将門公は、実はウチの先祖と根っこが同じなのです(´・ω・`)
KIMG8834.JPG
KIMG8836.JPG

皆さんが次々と灯すお線香が山盛りになり、この日は風に煽られ一時は紅蓮の炎が立ち上がりました!
なんと猛々しいんだ!!・・さすが、さすが我らの将門公!(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)
KIMG8838.JPG

まー冗談はともかく、、自分はそれを一応遠巻きに眺め、鎮火するのを見守ってました、何かあったら管理している神田明神に電話しなくちゃなんで(;´∀`)
KIMG8840.JPG
でも面白いんですよ、そのお線香の煙がやがて渦を巻き、将門公の家紋の九曜紋みたいになりました!
(その瞬間はさすがに撮れませんでしたが‥汗)
kuyoumon.jpg
火は消えたけど、まるで狼煙のようにお線香の煙が・・、魔よけ魔よけ!(゚Д゚)
KIMG8842.JPG
KIMG8844.JPG
KIMG8846.JPG
KIMG8847.JPG


【将門塚に関するURLなど】
落合道人 Ochiai-Dojin 「柴崎古墳」=将門首塚の面影。[気になる神田川]
https://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2011-09-09
古墳横穴同時代遺跡端部記録帳 ■ 将門の首塚
http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/2007/02/post_11.html
人文研究見聞録 将門塚(平将門の首塚)[東京都]
https://cultural-experience.blogspot.com/2015/01/blog-post_10.html

【関連日記/このblog内の過去日記】
【平将門公の首塚】久しぶりにお参りしてきました(2023年3月28日)
https://sanadado.blog.ss-blog.jp/2023-03-30
【平将門公の首塚】お盆だし、ふと思い立ってお参りに行ってきました(-人-) ナムナムナム‥
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2019-08-27
【平将門公の首塚】初めて家族みんなでお参りしてきた(´∀`)
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2018-08-20-2
【平将門公の首塚】どうも招かれたようなので久しぶりにお参りしてきた(´∀`)
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2017-11-27-1
【平将門公の首塚】 招かれてるような気がして、久しぶりにお参りしてきた(´∀`)
https://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2016-06-03

平将門-Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B0%86%E9%96%80

nice!(3)  コメント(0) 

実は義母が亡くなりました、そして四十九日の法要も終わりました(´-ω-`) [フツーに日記]

あー、実は去る4月9日に義母が亡くなり、5月の末に四十九日の法要、そして納骨を終えました
以下は義母が葬儀場から火葬場に向かった霊柩車とウチの野良ジープのツーショット '`,、('∀`;) '`,、
soushiki2.jpg

そして自分の葬儀のイデタチ、我ながらどっかのマフィアのボスな様相です
(サングラスはドライブ用です念のため)
soushiki1.jpg

こちらは四十九日の法要と、お墓に納骨の時の写真ですね 八王子の霊園でムチャクチャ広く、園内を車で移動する感じです ウチの野良ジープの前のジムニーは、国士の義弟のものです
soushiki4.jpg

芸能人もビックリの離婚歴〇回の私と奥さんとの結婚を認めてくれた義母でした 色々感謝であります
あの世からきっと見守ってくれていることでしょう・・(-人-)
soushiki33.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

幼稚園の凧揚げ大会に行ってきました('ω')ノ [フツーに日記]

あー、自分はあと何ヶ月かで52歳になりますが、この年齢にしては子供が小っちゃく、現在ウチの娘は5歳、幼稚園児なんですな、、そしてついこの前、幼稚園の行事の凧揚げ大会に参加してきました
この空に舞うUFOみたいなのは、園児と先生で作ったお手製のタコです
KIMG5672s.jpg
しかし子供たちのお父さんお母さん、みんな若いね、見た目だけでも自分よっか一回りは若そうだ

ちなみにウチの親子の凧揚げの様子はこんな感じ
我ながら幼稚園児の凧上げ大会という場には雰囲気合ってないような、、まーワタシは常日頃から『見た目はマ〇ィア、心はサイ〇パス、そして人生はミッションインポシブル』と言われてまして、サングラスは似合いすぎるのかもです
takoage.jpg
この画像は実は前もってフェイスブックにUPしてたのですが、そっちでは『ヘリから降りてきた直後の暗殺部隊』と言われました、まー何だかある意味カッチョいいからいいかwwww
でもねオジサン、お日様が眩し過ぎてサングラスやらなきゃお空がよく見えないんだー( ´・∀・`)
歳喰ったらね、目は大切だよ

そのあとはママチャリで、娘が大好きな回転ずし『はま寿司』で、寿司以外にもたらふく喰って帰ってきました、子供が小さいと回転ずしで喜んでもらえて財布に優しくてイイね!
hamazushi.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - フツーに日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。