So-net無料ブログ作成

【地域呼称】南房総(南総・房州)、外房を図解化( ゚д゚ ) [房総半島(千葉県全域)]

あー、自分の故郷、千葉県の南部「南房総」では、色々な地域呼称がありまして、、
一般的に分かりやすいように、ちょいとMAPにマーキングしてみました

まずは「南房総」とは具体的にどこを指すのか?
現在では、基本的に「南総(旧上総国)」の南部と「房州(旧安房国)」を合わせた呼称と言う理解で、
差し支えないと思います
(※一部、市原市の南端も入るのかもしれません)
tibaken-nannsou-bousyuu11.jpg
昨今、この地域呼称「南房総」をややこしくしているのは、やはり「南房総市」の存在でしょうね
そもそも地域呼称である「南房総」とは、上記のMAPにあるように、
千葉県南部の総称として昔からよく使われていた呼称でしたが、
平成18年(2006年)に、安房郡のいくつかの町や村が合併し、南房総市を名乗ったことによって、
それまでの地域呼称「南房総」は、非常に使い難くなりました
だって南房総「市」と勘違いされちゃうかもしれませんもんね、
自分も、人に故郷を聞かれた際には、昔は普通に「南房総だよー」と言ってたのですが、
昨今では「南総だよー」「生まれは房州だよー」と言うようにしてます、余計分かりにくいような気もしますけど・・
聞かれた際、具体的な市町村名を言ってもいいんだけど、東京では知らない人が多くてなー、
・・名前変えてくれよ南房総市(´・ω・`)
まー自分の家の事だけで言えば、わかってる範囲では平安時代の終わりの頃から、明治大正の時代までの長い間、
ウチはまさにその「南房総市」になった地域に住んでいたし、それに今でも親戚が住んでるわけだし、
例え勘違いされたとしても、そんなに嘘ってほどでもないんで、気にする事はないのかもだけど、
性分的に、なんだか気になるんだよなー(;´∀`)

ちなみに「南総」という地域呼称についてですが、、
昔から「北総(下総国)」に対し、上総国全体が「南総」と呼ばれてましたが、
最近では、旧上総国内で「東総」を始めとした様々な地域呼称が出てきており、、
そんな現在においても、今でも揺るぎなく「南総」と呼んで差し支えのないエリアとなると、
結果的に(引き算的に)、旧上総国の南部(だけ?)になっちゃっているんじゃないかな?なんて思ってます
そうなると、主に旧君津郡市である袖ケ浦市・木更津市・君津市・富津市、
そして夷隅郡市である、大多喜町・いすみ市・御宿町・勝浦市 が、現在唯一の「南総」ということですかね?
「房州」は、安房郡市である鴨川市・南房総市・鋸南町・館山市 のままなので分かりやすいのですが、
旧上総国の地域呼称は、いつのまにやら案外ややこしくなっちゃいましたね


そしてもう一つ分かりにくいのが「外房」
tibaken-sotobou2.jpg
外房という地域呼称についてですが、
広義的には、銚子の太平洋沿岸の海岸線から、館山市の洲崎の灯台のところまでです
狭義的には、夷隅郡市と、鴨川市・南房総市・館山市の太平洋沿岸を言うらしいです
さらに「外房の町」となると、夷隅郡市(いすみ市・大多喜町・御宿町・勝浦市)と、
鴨川市・南房総市・館山市が当てはまるんじゃないかと・・
大多喜町は海がないのですが、昔から「外房」の町として区分されていました
その理由は、大多喜町は江戸時代前から、この地域の拠点の町として栄えており、
ここにあるお城(大多喜城 / 小田木城 / 小田喜城)が、古くから御宿町など海沿いの地域を、
領地としていたことからかもしれません


【オマケ】
以下、現在の地図に、当時の安房国、上総国、下総国を当てはめてみました
位置関係が分かりやすいように、相模原や日光まで地図に入れてます
江戸時代の前までは、東京の両国橋から東、スカイツリーのある辺りは下総国だったんですな
そして、下総はそのまま栃木県まで広がっていたようです
minamikantou2.jpg


【関連日記】
【地域呼称】南房総(南総・房州)、外房を図解化( ゚д゚ )
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2015-03-10

千葉県 房総半島の地域呼称 地域区分
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2014-04-24-3

千葉県民が考える千葉県の地図はこんな感じ?【転載】
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2013-09-13-1

千葉県 ~昔の地名や地域呼称~ 【転載】
http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2012-04-17


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました