SSブログ
前の6件 | -

時速100kmで駆け抜ける謎の神社【トキ鉄 四五五神社】のおみくじ [時事ネタ 面白いモノなど]

日本のローカル線の大御所、新潟県の『トキ鉄』えちごトキめき鉄道
そのトキ鉄は観光列車の雪月花(せつげっか)直江津D51レールパークがとても有名ですが、、

d51railpark.jpg

国鉄型観光急行455も昭和レトロ好きや鉄道マニアを中心に非常に有名です。

ethigo455.jpg

その観光急行クハ455-701には、車内に神社があるのをご存知でしょうか。
『トキ鉄 四五五神社』は、神主(鉄道員)の手押しカートでクハ455車内を自由に往来するという誠に珍しい神社、乗客の皆さんのすぐそばまで神社がやってきてくれるのです!物凄くアクティブな神様です!

455-jinjya-ethigo.jpg

四五五神社のご由緒を調べると、下記のようなことが書かれておりました。
     ↓
------------------------------------
 ご神体でもあるクハ455-701は、老朽化や急行列車の消滅といった逆風に負けず、同型で唯一現役車両として運用されている、とても長生きでありがたい車両。また七尾線の新車投入により、廃車の運命だったところをギリギリ奇跡的に免れ、えちごトキめき鉄道にやってきたという、とても幸運な車両です。
『トキ鉄 四五五神社』は、この長寿で幸運な車両自体をお祀りする、世にも珍しい車内神社なのです。
------------------------------------

まぁ~珍しいどころか世界中どこを探しても、時速100km/hで常に走り回っている神社なんて奇々怪々なモノは、このトキ鉄 四五五神社ぐらいしかないでしょう。
日本に『神社』というものが、その神道の歴史とともに誕生してから少なくとも2000~3000年は経ってると思われますが、このような神社は日本の歴史始まって以来なのではないでしょうか。

455jinjya-akakura.jpg
まさに万物に神が宿ると考える、日本ならではの神社なのであります!

ご神徳は延命・復活の電車らしく『健康祈願』『延命長寿』『大願成就』。
先の見えない時代だからか、このようなご神徳を掲げるクハ455-701の車内神社は盛況でして、そこでこのトキ鉄 四五五神社のご神徳を、中々参拝にこれない乗りにこれない全国の皆様に、さらに世界の皆様にも!という思いで、この8月からインターネット上で分社が建立されました。
今度は時速100km/hどころか光の速度ですね
つまり1,079,000,000km/hか・・
'`,、('∀`) '`,、
     ↓
【トキ鉄 四五五神社(インターネット分社)】

tokitetu 455jinjya-mini.jpg

こちらの分社では『おみくじ』という形でお賽銭が出来ます。
おみくじは現在二種類、毎日でも気軽に運試しができる『100円みくじ』と、これぞ四五五神社の本髄!内容充実『賽銭みくじ』です。賽銭みくじはお賽銭感覚でお好きな金額でおみくじが引けるようになっており、巷ではかなり当たると評判です。おみくじ自体はダウンロードして保存ができるので、あとから見返すことも出来ます。
そしてご好評のお礼も兼ねて、近々賽銭みくじには新たに特典機能がつくようで、現在秘密裏に改装工事に入っていると聞きました。

455jinjya-sumaho.jpg

おみくじを引く前、つまりカード決済前に必ず心を穏やかにして、画面に向かい手をあわせ祈りましょう。そしてしっかり願掛けをするのです、その後におみくじを引いてください。
おみくじは神様からのご神託です。悩めるあなたへ四五五神社の神様からのご神託が、きっとあなたにだけわかる気付きがいただけることでしょう。
あなたの人生
進路よーし!
しゅっぱーつ進行!!

m9( ゚д)ビシッ!!
455jinnjya-image22.jpg
myoukou455.jpg
455.jpg
・・そうそう、言い忘れていましたが、実はトキ鉄さんには個人的なお友達が何人かおりまして、その流れで今回チョイと宣伝してみました。まぁ今日は鉄道の日ですもんねw
そしてオミクジですが、私も何度か引いておりまして、確かに文面が中々に心ニクイところをついてきますね。非常にまじめな内容で、特にチャラけていないのです。なんだかオミクジに対しても、何もかも本気でブチ当たるというトキ鉄さんの意気込みが十分伝わってくる気迫の感じるものでありました。ヘタな占いより良いと思いますwさすが『線路の石の缶詰』を産み出したトキ鉄さんです!
ついでに、何度か引いたうちの一回は大大凶が出やがりました、気になったのでトキ鉄の中の人(友達)に聞いたところ『稀なのを引けたので逆に運がいい!』と言われました。‥まぁアミューズメント的なおみくじなら、どこもわざわざ凶はいれないとよく聞きますが、何だか異様に本気だトキ鉄ってば恐ろしい・・、ちなみに大大凶の逆に、大大吉もあるそうです。いつか出るのだろうか・・。

トキ鉄 四五五神社(インターネット分社)
https://455jinjya.net/

台灣的每個人都可以在互聯網上參觀越後時目鐵路的 455 座神社。

Everyone in the world can visit the 455 shrines of the Echigo Tokimeki Railway on the Internet. Omikuji can be downloaded.

ทุกคนในโลกสามารถเยี่ยมชมศาลเจ้า 455 แห่งของ Echigo Tokimeki Railway ทางอินเทอร์เน็ตได้ คุณสามารถดาวน์โหลด omikuji

Кожен у світі може відвідати 455 святинь залізниці Етіго Токімекі в Інтернеті. Ви можете завантажити omikuji.

※本blog内の幾つかの写真は、えちごトキめき鉄道の社長、鳥塚さんのblogからお借りしました、ありがとうございます!


nice!(2)  コメント(0) 

生まれ変わりが、あるかどうか定かではありませんが【転載】 [時事ネタ 面白いモノなど]

生まれ変わりが、あるかどうか定かではありませんが、生まれ変わっても前の記憶は無いのですから、今の人生って死んだら記憶は白紙化ですよね。人間は他の生きものと比べて脳が進化している分、艱難辛苦だと感じます。

生きるには他の生物の殺生が必要で、うんこ尿の量は一生分(平均寿命)25mプール約1杯分となります。ですから、そのすべてのいのちに感謝しなければなりません。

一生と言っても漠然として半永久に続きそうな気がします。例として、すずめの寿命は3年で約1000日しかありません。余裕で口で数えれます。人間でさえ、50歳までだとしても約18000日、口で数えることができる数です。

3次元の世界においては各々が思っているより、時間は多くありません。一般的に、どの生物も生存本能で死を遠ざけ、半永久に生きていられると限定合理性で利己的に思い込みをしているからです。死は必然にて時の経過も早く諸行無常ですが、急がずとも、あるがままを受けいれましょう。

 

人間は、脳が発達しすぎた成果で漫画や映画などで現実世界を誇張して、できもしないことを幻想するようになりました。

例えば、まんがで手塚治虫-藤子不二雄ら巨匠作品-少年誌-サイエンスフィクションン-アフォリズムなどの作品は感性が豊かで許せますが、妄想を撒き散らすだけの浅薄な作品や性描写を脚色するような作品は無頓着で許せません。

その影響で妄想と現実の区別が曖昧になり、厨二病や現実世界と自身を卑下に思い込む犠牲者がでています。しかし、それらが生きる糧になっているならば、修正は難しく仕方がないと思います。現実の生活は奇想天外など無いのが普通なのです。

魔法みたいなものであれば、技術を応用して空間になにかをうみだすのは可能でしょう。物理学概論的に、個人が無の状態から魔法なんて宇宙に存在しえる、どこの銀河群でも絶対にありえません。

よくて、肥大脳によるテレパシーや透視、又はテレキネシスを応用して摩擦で着火や電撃くらいでしょう。

どんなに技術が向上しても、コンピュータ内部のICは、その数値を2進数で表して表面上の処理をしているだけなので、現実の再現は絶対にありえません。それらが、有り得ると思っているかたは、宇宙の基本に反していますから、かえりみてください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【転載】母の七不思議【2ちゃんねるコピペ】 [時事ネタ 面白いモノなど]

J( 'ー`)しの七不思議

夜には疲れた顔してたのに朝には早起きして弁当作っててくれる

夜遅く帰っても他の家族は寝てるのにカーチャンだけ起きてる

俺が疲れてるの何故か把握してて栄養剤出してくれる

俺が逆切れしても困ったように笑ってる

俺が自分で言ったのに忘れてた事をずっと覚えてる

いまだに俺の誕生日祝ってくれる

俺より長生きしてくれない


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国鉄 木原線のガーダー鉄橋を越えろ!-大多喜無敵探検隊の作戦報告 [大多喜無敵探検隊-since197Xの紹介]

12の予告2m.jpg

最近では昔ほどブログを更新しなくなって久しいですが、その分noteで趣味の(自称)児童文学を仕事の合間に執筆し、ひとり楽しんでおります。
このお話は、前々からもこちらで何度かご紹介させていただいた『大多喜無敵探検隊 佐奈田隊長回顧録-since197X』というもので、私と同年代の人には懐かしく、そして令和の子供たちには反面教師としてご覧になっていただけたら嬉しいなぁ~といった、一種のイラスト・エッセイです。
舞台となる昭和中期~後期の房総半島は、ご存知の通り首都である東京の隣の千葉県ですが、令和の今でも半島の先に行くほどむっちゃくちゃ田舎でして、それが今から40~50年前の昭和の頃となったら本当にトンでもない僻地でありました。しかしある意味ワイルドでもあったのですが。。このお話は、そこで育った私の、昭和のあの頃の回顧録でもあります。
以下は今回更新した物語で作成したイラスト。大体は文章を書いた後に、その文面を読み返しながら分かりにくいところなどをイラスト化、または古い写真を探してきてUPしてます。なにぶん古い時代、昭和レトロ真っ只中のお話ですので、今の時代では通じない事柄も多く、イラストや欄外の解説文での補足が必要になる代物でして・・、創作自体が案外面倒くさいことこの上ないのですが、あの当時を鮮明に思い返すことも出来、ある意味楽しい作業でもあります。ちょうど10年ちょいほど前まで没頭したガンダムの精緻なジオラマ作りに通じるところがありますね。

今回のお話のタイトルは『act:12-木原線のガーダー鉄橋を越えろ』、もうそのままで内容が分かっちゃうようなものですが、今回のあらすじをお話しますと、、いつも喧嘩になるクラスの番長がちょっとした武勇伝を語ったことに猛烈な対抗心を燃やす小学生の頃の私って感じです。
去年交通事故で亡くなった従弟のコージ、そして勝浦市長にまでなられた今は亡き在りし日の恩師、山口和彦先生にも勝手ながらご出演いただきました。彼の教師デビューは大多喜小学校、その最初の生徒が実は私たちです。
あぁそうだ、note見てくれたらイイネ押してね!w

以下、リンクです。
大多喜無敵探検隊 佐奈田隊長回顧録-since197X
act:12-木原線のガーダー鉄橋を越えろ

大多喜無敵探検隊 佐奈田隊長回顧録-since197X TOPページ


そして以下は、今回のお話で用意したイラストや写真です。

ootaki-city.jpg
このプレートガーダー鉄橋が、今回の冒険の舞台です。

ガーダー鉄橋と木原線m.jpg
国鉄 木原線のガーダー鉄橋『第4夷隅川橋梁』通過列車はキハ35とキハ17 1976年頃

ナガサ(カラー)マスターNEXT-jpegm.jpg
クラスの番長 ナガサ(長狭)、もちろん実名は変えてます、まー今ひとつお互い気が合いませんでした。

大多喜小学校マスターデータ加工済マスターJPEGm.jpg
私が通っていた木造校舎だったころの大多喜町立大多喜小学校 撮影は1977年頃

カップスターカラーマスターmini-jpeg.jpg
カップヌードルに対抗し誕生したカップスター、1975年の発売当初はこんなパッケージでした。

ションベンタワー待ち合わせマスターjpegm.jpg
その昔の大多喜町役場の様子、写真の解像度がよくないので色々誤魔化しています。この防災行政無線塔は、当時の近所の私たちの間では『ションベンタワー』と呼ばれ、忌み嫌われておりました。

回旋塔と漢2人の図その2Jpegm.jpg
昭和の校庭や公園には、今の時代では安全性から考えられないような遊具がたくさん並んでおり、この回旋塔もその一つです。みんなはメリーゴーランドとも言ってました。

ガーダー鉄橋の中カラーマスターNEXT-jpegm.jpg
冒頭の国鉄木原線のガーダー鉄橋の内部はこんな感じです。ディテールが不安な箇所は、お友達のJR社員さんにお聞きしました。サンキュー!S氏!

三羽烏.jpg
写真左から伯父、父と4歳時の弟クニオ、そして従弟のコージの父、ヒロシ叔父さん 1973年 行川アイランドで撮った写真です。この写真に写っている人は、弟も含め今は皆あの世にいっちゃってます。

大多喜駅カラーマスターJPEG2m.jpg
1977年、昭和52年当時の国鉄木原線『大多喜駅』。ほぼ当時の記憶だけで描いたものですが、そののち『いすみ鉄道応援団』TOPカメラマンK氏のお墨付きをいただきました。

ガーダー鉄橋NEXT(カラー)マスターJpeg第二弾m.jpg
大多喜駅から小谷松駅に向かう最初の踏切『南廓踏切(なんかくふみきり)』から線路を歩きました。この踏切は現在と位置が違い、その当時は10mほど大多喜駅寄りでした。イラストの右隅には肥溜(こえだめ)、当時の大多喜町は田畑の周りに案外普通に存在しており、夢中で走り回る田舎の子供たちにとっては恐怖のトラップ以外のナニモノでもありませんでした。

ガーダー鉄橋通過中カラーマスターjpeg5m.jpg
プレートガーダー鉄橋は、前出のイラストにもある通り下は筒抜け、ようは床がなくフレームのみで、下を覗くと遠い地面が見えて恐怖そのものですが、大抵の場合はメンテナンス要員用に、線路の間に20~30cm幅の板が敷かれております。線路の隙間から橋の下を覗くと怖くて動けなくなりますが、この板の先を見て、真っすぐに板の上を歩くようにして踏破できました。

踏破マスターカラーjpegm.jpg
何だかんだ、当時の私たちは本当に漢気(おとこぎ)で危険極まりない木原線の鉄橋を渡り切ったのです!今思うと恐ろしい限り、、どうか令和のお子さんは絶対しないようにしてください。ちなみに左の人物『ユーイチ』のように妙な格好をしてる子供って今では早々見ませんが、その当時は案外いました。他にもカッコいいからと木刀を常時持ち歩く子供や、放課後はいつもお祭りで買った様々なお面をつけてる子供とか・・、我々の子供の頃に比べたら、令和の子供たちは何だかんだ聞き分けがよく行儀良く、基本的に賢いと思います。

喧嘩カラーマスターjpeg2m.jpg
ナガサと取りまきのトキ(土岐)、そしてヤリタ(鎗田)、ナガサにケリを入れる私。。今振り返ると私はクラスの秩序をいつも乱すストレンジャーだったのでしょうね、しょっちゅう喧嘩してました、それも大概は番長格と喧嘩になって、その番長を打ち負かしそうになると、ここに上げた取りまき(名は変えてます)をはじめ、最悪はクラスの男子全てが敵になるといった塩梅でした。これは今でいう『イジメ』か?とも思うけど、そもそも喧嘩を吹っ掛けてるのは『協調性なにそれおいしいの?』な私ですしね、明らかに私はクラスの中で本気で輪を乱す悪者だったんです、みんなゴメンなぁ~。大人になって分かったことは、どうやらオマエたちの方が多分正しかったようだ。今ならナガサやトキ、ヤリタたちと仲良く出来そうだ(・・本当かな?)。

ガーダー鉄橋のMAP2-jpeg.jpg
昭和の時代の大多喜町の絵地図、所謂イラストマップです。昭和50年代ぐらいまでは、大多喜町の町なかには色んなお店があり、また元気に遊びまわる子供たちも、そこかしこでよく見られました。大多喜町は、この当時から『過疎の町』と云われていましたが、それでも今よりずっと賑やかでした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大多喜カエムたけのこ園 2022年も白いタケノコ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! [房総グルメ 料理 食]

2022年も伝説のタケノコ、大多喜町『カエムたけのこ園』の白いタケノコが今年も我が家に
キタキタキタキタキタ━━━(゚∀゚)━━━!
2022-kaemu-takenoko.jpg
大多喜町の川畑、平沢、弓木地区のタケノコは、その土壌の質のお陰でアクが極端に少なく、そのまま切って刺身でも食べれるもので、その中でも川畑と平沢にタケノコ山を持つカエム農園さんのタケノコは、さらにアクがなく真っ白でムチャクチャ柔らかい・・、アク抜きをする必要がないので、繊細なタケノコの風味をこれ以上ないってぐらい存分に味わえるものなのです!
なにより地方新聞の記者だったグルメな我が父が、このカエムさんのタケノコにとことん惚れ込んでおりまして、この季節になるとカエムさんのタケノコを取材しまくってました。確かそれが一つの切っ掛けで大多喜町のタケノコが広く有名になったとか地域の関係者に伺ったことがあります。挙句他所のタケノコ園から『なんでカエムのところばかりなんだ、ウチも取材して』とクレーム、というか強い要望が来る始末w、そんな父曰く『他所のももちろん旨いけど、カエムのタケノコが大多喜では一番旨い!』と、、(はっきり言い切った!)
そして私は、戦中に食べ物で苦労した我が父の、その食に対する飽くなき欲求、そして洗練された舌を今も信じておりまして、自分で家庭を持ってからも大多喜のタケノコといったら、亡き父の遺志を継ぎ『カエムたけのこ園』一筋なのでございます。
今年はカエムさんのタケノコを送ってもらったけど、年明けてからまだカエムのご主人スエヨシのおじさんに会えてないなぁ、、久しぶりに伺って美味しいトマトや玉ねぎでも買いに行こうかな。
まー父も亡くなって久しいですし、父から当時聞いたカエムさんへの熱い想いをサラッと暴露してみました、さぁー今夜はカエム農園のタケノコの味噌汁にタケノコご飯のオニギリ作るぞぉ!
\( 'ω')/
大多喜カエムたけのこ園さん
今年もありがとうございます!(-人-)

【Blog内の、大多喜カエムたけのこ園 関連日記】
大多喜カエムたけのこ園 2022年も白いタケノコ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
大多喜カエムたけのこ園 コロナ禍を越えて2021年もウマカッターー!(゚∀゚)=3
大多喜カエムたけのこ園 2019年は家族でタケノコの山にイッターー!(゚∀゚)=3
たけのこオニギリ、たけのこ味噌汁 しかしやっぱり味噌汁ぶっかけ飯が『 最(゚∀゚)高! 』
【大多喜たけのこレジェンド】大多喜カエムたけのこ園のタケノコ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
タケノコ味噌汁ぶっかけご飯という至福( ´ー`)フゥー、今年のタケノコシーズンそろそろ終焉
大多喜のタケノコで2017年もタケノコ三昧(^q^)大多喜カエムたけのこ園
大多喜カエムたけのこ園 ここは大多喜タケノコの真のレジェンド(伝説)
大多喜産の旨い米 大多喜カエムたけのこ園(カエム農園)
2016年も伝説の大多喜たけのこ「大多喜カエムたけのこ園」タケノコご飯、タケノコ味噌汁
大多喜 カエム農園のお米と、真竹のタケノコ
2015年も「大多喜カエムたけのこ園」で、伝説の大多喜たけのこをGET!
2014年 そろそろシーズン終盤 大多喜タケノコづくし(・´з`・)
大多喜町のたけのこ、アクがないんで料理簡単ヽ(=´▽`=)ノ
大多喜たけのこカレー(きのこ入り)
房州寿司(風)お手製寿司と、ワラビの煮物、たけのこのおみおつけ(´∀`) 昨夜の夕飯
大多喜たけのこ にぎぃめし(´∀`)
たけのこご飯 たけのこ味噌汁 たけのこ煮物、大多喜たけのこ三昧 そしてたけのこ保存法
関東一旨い大多喜のたけのこ(゚∀゚)=3、大多喜カエムたけのこ園
大多喜 タケノコ ふたたび・・・( ー`дー´)キリッ
大多喜 タケノコ そして蕎麦 (・∀・)ノシ
大多喜町産タケノコ料理 タケノコご飯、タケノコ味噌汁、タケノコ煮物


大多喜カエムたけのこ園 (おおたき かえむ たけのこえん)【販売所】
住所:〒298-0252 千葉県夷隅郡大多喜町三又851 TEL:0470-84-0344

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

従弟の浩二が亡くなって、昨日でちょうど一年が経ちました [フツーに日記]

もう一人の弟とさえ思っていた従弟が死んで昨日でちょうど一年、この一年の間、またヤツからメシにでも誘う電話でもかかってくるんじゃないかと思ってましたが、、
遺体安置所でも棺桶の中でもフフッて薄く笑った顔してたんで、ひょっとしたら浩二の死は全て嘘じゃないかと思ってたところもあったんですよ、今だったら許してやるから白状してとっとと飯でも誘いに来やがれくださいと思ってましたが、やっぱりヤツは死んじゃってたようです。。
kouji-1.jpg
kouji-2.jpg
思い出すのは、ヤツが死んだ日、あの日は従弟の事が気になってまして、そして夜、寝るときに瞼を閉じると何故か男が二人話す声がどこからか終始『…ゴニョゴニョ、ゴニョゴニョ。。』と、、
深夜ですし周りの家の声も聞こえてこない三階に寝室があるので『不思議だなぁ、また何か来たかな?』と思いながらその日は眠ったんですが、、
翌朝、浩二の母の叔母から朝イチで連絡がきまして、何でも夜中に警察からの身元確認の連絡がきたけど朝になるのを待って私に連絡をくれたということでした
前の日、ヤツの事が気になりだしたのは事故ったといわれる時間帯で、夜中の誰かのゴニョゴニョ声は、多分ですが浩二と、既に他界していた浩二の父の叔父か、もしくは亡くなったウチの弟と浩二が一緒に知らせに来たのかなぁと考えました、死んだ弟と浩二は仲が良かったんです
しかし、一年経ちましたねぇ、、ついこの前のことのようです。。
ヤツの母方は明治天皇の近衛兵を出した家柄ですし、そのDNAか大きな単車も小さく見えるほど体格が異様にいいヤツで、どんな単車でもねじ伏せられるとも思ってましたが、交通事故であっけなく世を去りました
デカい図体のわりには性根の優しい男だったので、大かたスピード出してコーナー攻めている際に鹿などが飛び出してきて、咄嗟に避けようとして単車ごと宙に舞っちゃったんじゃないかと、、
稀代の名馬GSXR1000R逆輸入車、その駿馬に跨って、まさに討ち死にみたいな感じですね
いやいや残念至極、世の無情を思います
この一年、浩二だけが知るお友達への連絡のため、Facebookでさんざん派手に告知しまくったけど、まだ浩二の死を知らないお友達のためにも、ここに実名のタグをつけてUPしておきます、私は目的達成のためにはたとえ死者への冒涜と言われようとも手段は選びません(キリッ ・・どうか気付いてやってください。
浩二よ、私が君の分も長生きして、そしてこの世でのお勤めが終わってソッチに行った際には、ぜひ向こうで何か美味しいものでもおごってくれたまえ、
宜しく!お疲れさん!
kouji-3.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の6件 | -